宮本信子からのお知らせ

 

 

             新潟・りゅーとぴあが制作する演劇

       りゅうとぴあ発・新シリーズ 「ふたりものがたり」

     沢木 耕太郎 「檀」 〜もう一度、妻になれたら〜

 

           出演: 中井貴一・宮本信子

 

    2016年 7月19日〜24日 東京・草月ホール
    2016年 7月27日       新潟・りゅーとぴあ劇場
    2016年 7月30日〜31日 兵庫・兵庫県立芸術文化センター


太宰治、坂口安吾と並ぶ無類派作家・檀 一雄。
愛人との壮絶な日々を「火宅の人」に綴って去った檀一雄は、2016年没後40年となる。

ノンフィクション作家・沢木耕太郎は、未亡人・ヨソ子に一年余の綿密なインタビューを重ねる。取材の過程で、ヨソ子は初めて私小説といわれる「火宅の人」を通読する。
「そんなふうに思っていたんですか・・・」ヨソ子は、戸惑い、激しく動揺する。
しかし、沢木と語るうちに、「私は、【愛人に夫を奪われた可哀そうな妻】ではなかった」と、思いがけない感慨に辿りつく。無類派作家夫妻の、愛と痛みが胸を打つ。

      
                  詳細はこちら。
       

            

 

 

             第8回 伊丹十三賞

            受賞者決定のお知らせ

 

              映画監督・テレビディレクター

             是枝 裕和

 

- 授賞理由 -

映画監督が映画産業のなかのひとつの役割にすぎなくなりつつある時代に、みずから独立したシステムをつくり、構想、脚本、キャスティング、演出、編集までを一貫して手放さない、映画作家としての姿勢、その成果に。                                   

 

         詳細については、こちらをご覧くださいませ。 

 

 

 

 

国際ドラマフェスティバル

東京ドラマアウォード2015

 

作品賞

ローカル・ドラマ賞を受賞しました。

「ここにある幸せ」

 

 

 

資生堂

シニア女性向け新ブランド「プリオール(PRIOR)」
CMに出演!

 

2015年1月中旬からテレビCMやウェブ広告に登場します!

 

 

 

 

伊丹十三記念館 企画展X


ビックリ人間
伊丹十三の吸収術

僕はビックリ人間なのです。
異文化にぶつかってビックリするのが好きなんです。

 

●会期:2015 年12 月18 日(金)〜 2017 年12 月上旬【予定】
    ※休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(2015 年12 月28 日(月)〜 2016 年1 月1 日(金))

●鑑賞料金(常設展鑑賞含む入館料):
大人800 円/ 高・大学生500 円/ 中学生以下無料

 

詳細はこちら

 

 

 

 


待望の看板を取り付けました〜〜!



 

 

   お客様から、「場所が判りずらい」「通り過ぎて、あきらめました」等々。

   以前よりご意見頂いておりました。

   スミマセン・・・遅くなりましたが・・・これで、国道からはっきりわかります!

   よろしくお願い致します〜〜(笑)

 


受付から常設展に入るドアー。

時折、お客さまのおデコが〜〜。

スタッフより何か対策をして欲しい
という事で〜〜こうなりました!

 
 

 

「ほぼ日刊イトイ新聞」『伊丹十三特集』

とっても面白いです〜〜〜皆さん〜〜是非読んで下さいませ!
 

http://www.1101.com/itami/index.htm

 
PS.宮本信子 、登場しました〜〜!